増種やら羽化やら

ハイサーイ←元沖縄県民らしく?

また1ヶ月近く更新してなかったようなそうでもないような…
最近はTwitterでハッシーさんを見てるからかブログが久々な気がしなくなってきましたね…

今回は皆さんお待ちかね?の画像たっぷり記事だったりそうでなかったり。



まずはこの子!
スペキオススホソアカ!
月読さんに送った個体の兄弟です( ´ ▽ ` )ノ
ようやく活動開始してきましたけど、個人的な見解として大型のオオズ系キクロはなぜかぽっくり死が多いような、そうでないような…

なので、プレ等ではちっさい個体を送ってますw
その方がメス殺しも無いですからね…

ちなみに、MINAMIさんのプレ企画もスペキオススホソアカの極小ペアを協賛してます(`・ω・´)((キリッ
まだオスが蛹ですけど、代替えの♂もいますので…
代替えの♂の方が大きいです…
羽パカですけど…

430ccで50㎜は行きますし、サイクルも意外と早いのでオススメです(。-∀-)



お次はサヌチフタマタ

こちらは最近一気に暴落したような…
ニグリとセアカを足したような形ですが、意外とかっこいい( ´ ▽ ` )
メスはもう後食始まってるのでギリ間に合うかな?程度ですけど、ペアリングさせさせなければ意外と長生きしてくれるのでオスを温度上げて管理すれば大丈夫かな?と。



こちらは最近よく見るエクアドルのネプチューンです(`・ω・´)((キリッ
コロンビアの個体との差異はわかりません。
放置飼育してた割にはいい感じだと思います…
無添加発酵マットで育てたからなのか、頭角が短くて好みです( ´ ▽ ` )ノ

羽化してきためぼしい個体はこんな感じですかね(`・ω・´)((キリッ






H.F.キヨタミ
孵化なら7ヶ月ほど経ってますが、19gとは…
小さい(;・∀・)
80狙うにはもう少し大きく無いと難しいですね。
今季、早期羽化でも80を超えそうなのが1匹だけいますが、早期羽化には程遠そうな個体が小さいって…
それより深刻なのがWF2のキヨタミはオスばっか蛹化しててメスがまだ幼虫してるといういつもの逆パターン。
なーぜー?
すこし、温度帯を変える必要がありそうです。



こちらはヤエマル。
この個体は孵化から1年ちょっと経ってますけど、微妙な感じ。
特別小さくもなく、特別大きくもなく。
あと1年くらい幼虫しててくれると助かるんですが…
今年はセラーもいっぱいなので一部セラーから出してるんですよね…
それが羽化時期にどう影響してくるか…
大歯は25グラムが我が家の目安なのでもうちょい欲しいかな。



こちらは今季、増種したWDのフライミヤマ。
以前プレでいただいた個体は結局幼虫で落ちたので、リベンジです(。-∀-)

もう一種、ミヤマで増種しまして…


フォルモサスミヤマです。
ヒメミヤマ系で飼育は難しいらしい?
情報集めをしてみると、羽化まで4年かかったとか…
でも、小型ながらにカッコイイんですよね…
2メスいて、1メスは潜らないんですよね。
なーぜー。
もう1メスは潜ってるので散乱してることを期待します(。-∀-)


まだ増種した個体はいるんですけどね。
本日はここまでということでw
では!

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR